好きを仕事に繋げて楽しく生きる   たのしいしごと女子研究所

女子が楽しく仕事をしていくために日々の生活について研究しているブログです。

お金もコネもなかったわたしの「起業家マインド」の基礎になっているもの

こんにちは。
好きを仕事に繋げてたのしく生きる
たのしいしごと女子研究所のたかはしあやです。


現在は講師業をしていますが、わたしの起業は輸入雑貨を販売するところからのスタートでした。
主に韓国に買い付けに行き、その他のエリアは代理で購入してきてもらったり、国内の卸から購入して販売していました。
 
ハンドメイドとの出会いも、実は日本ではなく韓国がきっかけです。
そう考えると、かなり変わった形でハンドメイド業界に足を踏み入れているんですよね。
 
雑貨や衣料、服飾小物などを仕入れるついでに見つけた手芸資材の市場で、たくさんの材料と出会いました。
元々は完成品のアクセサリーやヘアアクセを仕入れて売ろうと思ったのですが、欲しいものがロットの関係で仕入れられなかったので、それならば材料を買って作ってみようと思ったのがきっかけです。
 
わたしの起業家マインドの基礎になっているのは、この頃に触れた情報や体験だと思います。言葉はもちろん、市場や仕入れのルールなども何もわからないまま飛び込んだ世界で試行錯誤した体験は、お金で買えない貴重な体験です。
 

f:id:hmshigotojuku:20151203131819j:plain


好きを仕事にしたいという方でなかなかうまくいかない人って、この試行錯誤をショートカットしようとしてしまう方が多いような気がします。
仕事の中では、明確に答えがあることばかりではありません。
どんなに調べても、答えが出ないこともあります。
 
それでもその時に最善だと思う答えを探すことは大事だし、答えが出なくてもその経験は無駄ではないんですよね。
でも、無駄だと思ってやらない・やりたくない人が多いです。

起業って誰でも比較的簡単にできます。
でも大事なのには、続けること。そしてこれがなかなか出来ません。
起業して3年後に残っているのは全体の3割と言われるくらい、厳しい世界。
 
わたしのようにお金もコネも経験も何もない人は、普通に考えてこの3割に残れる可能性は低いです。だから、もし本当に仕事として長く続けたいのであれば、普通の人よりも何倍も頑張るしかないんですよね。
 
わたしの起業家マインドの基礎になっているのは、「自分には何もない」という現状からどうやって魅力的に見せていき、お客様に信用してもらえるかを考えるということでした。

f:id:hmshigotojuku:20170309115848j:plain


起業したいと思う人への販売指導をするようになって思うのが、口では「自信がない」とか「何もない」と言いながら、心では「そんなに頑張らなくてもなんとかなる」って思っているんだなーということです。
 
もし本当に「何もない」と思うなら、魅力に見えそうなことを少しでも作ろうとしたり、準備すると思います。例えば就職活動で、この会社に入りたいと思えば、その会社のことを調べたり、面接で気に入ってもらえるためにどうしたらいいかを考えて、受け答えの練習をしたりしますよね。

起業をする時にも、それと同じことが必要だと思うんです。
 
試行錯誤をショートカットせず、今の自分に必要なことをしっかりとやっていくこと。起業当時に感じた嬉しさや辛さを忘れずに役立てていくこと。
 
そうすれば、お金やコネがなくても好きなことを仕事にしていける可能性は格段にアップすると思います。

****************

今月のセミナーはお茶会・交流会がテーマです。
これから主催を考えている方にもおすすめ。

handmade-jl.hatenablog.com
****************
個人の女性向けサービスのコンサルを行っています
東京の対面コンサルの日程はこちらから

ameblo.jp
****************

たかはしあやオフィシャルLINEグループ

f:id:hmshigotojuku:20170120185331j:plain

友だち追加
****************

起業・副業女子のコミュニティDMMサロン

lounge.dmm.com

****************

ハンドメイドの売り方を学べるシナプスオンラインサロン

synapse.am

****************

******************
ハンドメイドの売り方メルマガです。月曜日発信。

メルマガ「お仕事ハンドメイドへの道」お申込フォーム