好きを仕事に繋げて楽しく生きる   たのしいしごと女子研究所

女子が楽しく仕事をしていくために日々の生活について研究しているブログです。

特別な才能はなくても「レア」な人になれる方法

こんにちは。
好きを仕事に繋げてたのしく生きる
たのしいしごと女子研究所のたかはしあやです。

 最近わたしを知ってくださった方の中には、長年講師業をしていると思われている方もいらっしゃるのですが、販売コンサルタントとしてのキャリアは2年半です。
元々は札幌で雑貨店のオーナーと、樹脂アクセサリーの講師をしていました。

なぜ、ハンドメイド商品やサービスの販売指導の道に進もうと思ったのか、というご質問を頂くことも多いのですが、3年半くらい前に出ているこの本を読んだことは、講師業をしようと思ったきっかけのひとつです。

 

藤原和博さんは、リクルートから東京都初の民間人中学校校長になった異色の経歴をお持ちの方です。
東大卒のいわばエリート。
そんな方が、誰でも特別な才能がなくても、100人に1人のレアな人になれば、生き抜いていけるということについて詳しく書かれていました。

この本を読んだことで、わたしが100人に1人になれることって何だろう・・・と考えるようになり、そのひとつが「ハンドメイド作家や講師に、仕事にするための売り方を教える」ということでした。

藤原さんはこの本の中で、100人に1人の存在になれることを複数作り、それを2つ掛け合わせることで1万人に1人の存在になる、ということを勧めています。さらにもうひとつ作ることができれば、100×100×100で100万人に1人の存在になることができるそうです。

ひとつのことで100万人に1人という存在は、オリンピックのメダリストと同じくらい大変なことだそうです。
幼少期から過酷な練習に耐え抜き、幾多のライバルを追い越してきたような人に、後から追いつこうとしても無理です。

でも、異なる分野で100人に1人になれることを作り掛け合わせることで、同じくらいレアな存在になることができるという考え方は、わたしのなかでは目からウロコでした。

藤原さんは「営業」「プレゼン」「教育」の3分野で100人に1人の存在になり、掛け合わせることで100万人に1人の存在になることができました。

このかけ算でレアな人になるという考え方が、わたしが将来やりたいことともマッチしていたので、すぐに実践しようと思いました。

f:id:hmshigotojuku:20170307111344j:plain
パシフィコ横浜で行ったセミナーもかけ算でチャンスをもらえたことのひとつ


ちなみにこの本の中では最初に

経済的価値を重視する
①権力(サラリーマン)志向の社長タイプ
②プロ(独立)志向の自営業タイプ
経済以外の価値を重視する
③権力(サラリーマン)志向の公務員タイプ
④プロ(独立)志向の研究者タイプ

に分けられて、それぞれに必要な7つの条件について書かれています。
自分に当てはまるところはもちろんですが、他のタイプのアドバイスもとても参考になります。

もう100回くらいは読んでますが、何度も読み返したくなる一冊です。
わたしも掛け合わせることを探しながら、前に進んでいきます。


東洋経済オンライン掲載の、西野亮廣さんとの対談もおススメです。
興味がある方はぜひ、ご覧くださいね。

toyokeizai.net

****************

たかはしあやオフィシャルLINEグループ

f:id:hmshigotojuku:20170120185331j:plain

友だち追加
****************

起業・副業女子のコミュニティDMMサロン
たのしいしごと女子研究所

lounge.dmm.com

****************

ハンドメイドの売り方を学べるシナプスオンラインサロン

synapse.am

****************

 

******************
ハンドメイドの売り方メルマガです。月曜日発信。

メルマガ「お仕事ハンドメイドへの道」お申込フォーム