好きを仕事に繋げて楽しく生きる   たのしいしごと女子研究所

女子が楽しく仕事をしていくために日々の生活について研究しているブログです。

売り方アイディアのたたき台をたくさん提示できる理由

こんにちは。
好きを仕事に繋げてたのしく生きる
たのしいしごと女子研究所のたかはしあやです。


ここのところ、寒い日が続きますね。
私の住む札幌も、最高気温がマイナス5度です。
暖かいエリアにお住いの方が羨ましいです。
 
朝からコンサルティングだったので、生徒の皆さんと昨年の振り返りや今年やるべきことを整理して、良いスタートを切るためのアドバイスをしていました。
 
わたしは生徒の悩みや迷いにアドバイスするときに、たいていの場合複数の候補策を提示し、生徒がその中から選び、一緒にブラッシュアップしていきます。

わたしは自分で考えたものを答え合わせのように見てもらうほうが好きなのですが、自分で最初から考えることが好きではない人や、考えすぎてこんがらかってしまい、やる気がしぼんでしまう人もいるのです。

でも、最初からではなくいわゆる「たたき台」のような、アイディアのヒントをいくつか提示されると頭の中が整理され、新しい発想ができるようになるという人も結構多いです。

なのでわたしは普段から、生徒のアイディアのヒントになるようなものがないかなと思いながら生活しています。
コンサルティングでたたき台を提示すると、「先生はどうしていろんなアイディアが次々と出てくるの?」と聞かれることが多いのですが、それは普段から探しているからにほかなりません。

f:id:hmshigotojuku:20150614103444j:plain


カラーバス効果、という言葉を聞いたことはありませんか?
これは、何かを意識していると、意識したものに対する情報が自然と目に飛び込んできたり、集まってきたりするようになる現象です。
 
テレビで見た朝の占いで「ラッキーカラーは赤」と言われると、なんとなく赤いものばかりが目に付くように感じるのは、カラーバス効果の影響です。

何かに意識を集中させていると、脳はその情報を見つけよう・探し出そうとします。逆に無意識だと、なかなか情報は集まりません。

わたしは日々、自分の生徒の商品やサービスを売るためにはどうしたらいいかを考えているので、日常の何気ない買い物やサービスの中からも「これ、〇〇さんの商品に生かせるかも!」と見つけ出すことができるんです。
 
ではなぜ、売ってる本人よりもわたしのほうが売るため・活動を広げるためのアイディアを思いつくことができるかといえば、「売ったり活動を広げること」だけに集中しているからです。

本人は「好き」とか「楽しい」という気持ちや、製作上の工程、人との関係性などの様々な要素が気になってしまいますが、自分のことではない分、売る・活動を広げることだけに集中して情報収集をすることができます。

f:id:hmshigotojuku:20150601151334j:plain


また、調べることも好きなので、アイディアのタネ探しは楽しいです。
それに、わたしが持ってきたタネの中からどれを植えて育てるのかは生徒なので、同じタネでも育て方や育ち方が違い、それも面白いです。


仕事は丸腰ですすめていくと、成果が出るまでにすごく時間がかかったり、成果そのものが出る前に、力尽きてしまうことも多いです。

わたしの仕事は、考えるためのヒントでありツールのひとつ。
だからアイディアそのものはもちろん、アイディアの出し方についても、どんどん提供して、たたき台にして良いものにしてほしい。
そうすれば、喜びも悔しさも一緒に共有できるから。

そんなことを考えながら、今日もいいネタないかなーとアイディアをさがしているのでした。

****************

 

******************
ハンドメイドの売り方メルマガです。月曜日発信。

メルマガ「お仕事ハンドメイドへの道」お申込フォーム