読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きを仕事に繋げて楽しく生きる   たのしいしごと女子研究所

女子が楽しく仕事をしていくために日々の生活について研究しているブログです。

今年読んだ本のなかで個人的ベスト5を選んでみました

こんにちは。
好きを仕事に繋げてたのしく生きる
たのしいしごと女子研究所のたかはしあやです。


今年はお正月休みとして、今日から3日までおやすみにしました。
とはいえ、今の仕事はこうして家でも出来ることが沢山あるので、ブログやSNSの発信や事務作業などは、空き時間にゆるくやっていく予定です。
出勤しないだけで、かなりの開放感です。

まだまだ歯と喉との戦いは地味に続きそうなので
今日はゴロゴロしつつ、掃除したりして過ごします。

f:id:hmshigotojuku:20160719180510j:plain


今年も色々な本を読みました。
ここで、わたし的今年読んでよかった本のランキングをUPします。

個人的ランキングなので、ご参考までに。
本の難易度はばらばらですが、普段仕事で生徒にオススメしているものではない本がほとんどです。

第五位は

勝間式汚部屋脱出プログラムです。

 
内容としては、オーソドックスな片付け本です。
すごく目新しく画期的な方法が載っているわけではないけれど、あまり無理せず完璧を求めず進められるところが、なるほどと思いました。

必要なもの、大事なものの基準を決めて、それ以外は捨てる。
よりよく効率的に生活するために、ちょっといいものを買って
それを使いこなすというのも、やってみたいなぁと。

片付けの方法とか考えかたは人それぞれ合う合わないがあると思いますが
わたし的には、とっても良かったです。

第四位は

本音で生きるです。

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

 


生き方や考えかたの本質に迫り、どう生きれば自分が心地よく幸せなのかを、堀江さんの主観を中心に書かれた一冊です。

ベストセラーにもなっている「嫌われる勇気」等と似ているのですが、読み手が考えたりイメージしやすい事例で進めていくので、「わかるわかる」と共感しやすいと思います。
哲学的表現が多い文章が苦手なわたしのような人にはマッチしますね。

言い訳ばかりで行動しない人は暇だとか、プライドと自意識が高すぎるから成功しないとか、ズバッという堀江節が好きな方にはオススメです。


第三位は
フリー~無料からお金を生み出す新戦略です。

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

 

 
わたしは基本的に「翻訳本」が苦手です。
名著と言われるものはとりあえず読んでみるのですが、自分の活動に生かせるポイントが見つからなかったり、イメージできなかったりと、「読んだ」という事実だけが残るだけで、生かしきれていないなぁと感じることが多いんです。

その中でもこの本は、すっと頭の中に入ってきた一冊です。

無料の商品・情報・サービスに触れているのが当たり前になっている今、どのように付き合っていくのかというのは、とても重要だと思います。
特にビジネスにおけるフリーの考えかたが体系的にまとめられていて、単に「ただより高いものはない」と言い切れないと考えさせられました。

フリーを上手に利用することで、合理的で金銭的価値では比較しにくい価値を生み出したり受け取ったり出来るんだ、と再認識できました。


第二位は

学力の経済学です。

「学力」の経済学

「学力」の経済学

 

 
この本は、まさに「目からウロコ」の一冊でした。

教育経済学という学問があることを、初めて知りました。
データに基づき、経済学と同じ手法で教育を分析していくのです。

単に経験に基づいた感情論ではなく、大学などで本格的に実験・研究されたデータに基づいているので、驚きと共に納得させられます。

表紙にも書かれていますが
子供をご褒美(お金)で釣っていいなどのキャッチーなことはもちろん響きますが、わたしが一番響いたのは
「教育への投資は、株式投資よりも収益率が高い」という点。

教育など学びとお金などを結びつけることが、道徳・倫理的によろしくないという風潮がまだまだ根強いですが、この本を読むと新たな考えかたが生まれるかもしれません。



そして、第一位は

 確率思考の戦略論です。

確率思考の戦略論  USJでも実証された数学マーケティングの力

確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力

 

 

この本は難しい内容をベースにしつつも、簡単で分かりやすく説明してくれていて、わたし的には文句なし今年NO.1でした。

USJの経営をV字回復させたことで有名な、森岡さんと今西さんの共著本です。
数学や統計学が分からないわたしでも、理解できるようなやさしい言葉でマーケティングを紐解いてくれています。

元々P&Gにいた方なので、そのときの事例や経験を基にUSJでの経営再建をして行く様子が描かれています。
わたしも前職でなじみのある用語や事例もちらほら出てくるので、理解しやすかったです。

勝てる戦いを選び、確実に勝つこと。
大きくはずさず、自分たちの努力で修正できるレベルの誤差におさめること。
ハリーポッターが当たったからUSJがV字回復したんだ、と単純な話ではないんだなというのがよく分かりました。


著者も「裏づけとして難しい計算などが出てきますが、分からないひとは読み飛ばしても全然問題ないです」と冒頭で書いているのですが、計算に関しては一切分かりませんでした。読もう、考えようという気がまったく起きないくらい難しそうな計算式がずらーっと並んでいました。

わたしのように数学や統計学などが苦手な人にとっては
はっきり言ってとても難しい本ですが、著者の方が「分かりやすく伝えよう」と思い執筆していることが、とてもよくわかります。
何度も何度も読んで、理解を深めたくなる一冊です。

でも先日、森岡さんがUSJを退社されるというニュースがはいってきて、びっくり。
次はどこに行かれるのかも、楽しみです。


いかがでしたでしょうか。
もし気になる本がありましたら、年末年始のお供にどうぞ。

 

****************
起業・副業女子のコミュニティDMMサロン
たのしいしごと女子研究所

 

lounge.dmm.com

****************

ハンドメイドの売り方を学べるシナプスオンラインサロン

synapse.am

****************

単発・継続コンサル共に

スカイプやメールでの対応を受け付けております。

スカイプOK!趣味を仕事に変えるハンドメイドコンサルティング

お申込み・ご質問は
hmshigotojuku@gmail.com宛にお願いします。

 

******************
メルマガではブログでご紹介していない内容も
配信しています。
是非ご登録お待ちしてます。

メルマガ「お仕事ハンドメイドへの道」お申込フォーム