好きを仕事に繋げて楽しく生きる   たのしいしごと女子研究所

女子が楽しく仕事をしていくために日々の生活について研究しているブログです。

子育てと仕事の両立は「息を吸うように普通なこと」

こんにちは。
好きを仕事に繋げてたのしく生きる
たのしいしごと女子研究所のたかはしあやです。


年末まで1週間を切り、いよいよラストスパート感がでてきました。
月並みですが、1年って本当にあっという間。
今年のうちにやっておこうと思ったことも出来ずに終わってしまう・・・なんてことを、わたしは今まで何回続けてきたのでしょう。

時間というのは不思議で、その時々で感じ方が全く違います。
例えば、スーパーやコンビニのレジに並んでいるときは、5分でもすごく長く感じるし、気の合う友達とのランチの1時間は、あっという間に感じます。

総じて集中していたり夢中になっているときは、時間が進むのが早く感じることが多いので、1年があっという間だったということは、充実した1年だったんじゃないかと思うのです。

わたしたちに残されている時間は有限で、どのように過ごすかは自分自身で決めることができます。
ですが、好きなことをうまく仕事につなげられない方の中で、このことについて少し勘違いをしている方も多いです。

f:id:hmshigotojuku:20150603125130j:plain



例えば、お子さんがいる方は「子供がいるから自由時間がない」と思ってしまう方は、自分の時間を子供のために使おうと決めているのはほかならぬ自分自身であることを忘れています。

わたしの周りには、ママでお仕事をバリバリこなす人たちが沢山います。
でもその人たちは、ママだから時間がなくて、仕事が思うように進まないというような思考を持っていません。

なぜなら、ママであることは自分で選んだことであり、子供のために時間を使うのは自分にとって「好きなこと」だからです。
だから、育児と仕事の両立を考えて組み立てることは、息を吸うくらいに普通のことで、切り離せないと仰るかたが多いのです。

そういう方々は、時には家事代行やシッターさんを頼んだり、自分の親兄弟を頼ったりと、すべてを自分ひとりで背負い込まず「楽しく続けられる策」を模索し、実行しています。
自分にしかできないことは自分がやって、他の人に代わってもらえることはほかの人に代わってもらう。
代わってもらうための対価をどうやったら自分が稼げるかを考えればいい・・・そんな考え方なのです。

f:id:hmshigotojuku:20161224114805j:plain


実は最初にこんな話を聞いた時はすごく衝撃的でした。
でも、好きなことを仕事にしている人たちに会うと、みんな似たようなことを話されるので、育児と仕事を両立するために必要な考え方なんだ、と確信するようになりました。

わたしは独身で子供もいないので、仕事をこなすママを心底尊敬します。
そして、育児と仕事を両立させてキラキラしている姿を見て、うらやましいとも思うのです。

そして、すぐ体調を崩し、突拍子もない行動を取る小さな怪獣さんとどうやったら楽しく過ごしていけるかを考え、組み立てられるママは、すごく能力が高いので、そのチカラの形を変えて仕事に生かせば、きっとものすごいパワーになると思います。

好きなことを仕事にしていきたいママが、すでに活躍しているママたちと同じ考え方を持ち、子育てと仕事を両立していけるように、わたしはアシストしていけたらと思っています。

成功事例や考え方をわかりやすく伝えることで「わたしにもできるかも」と思ってもらえるように、文章力をアップさせたり、沢山の事例をインプットしながら、女性起業をサポートしていくコンサルタントになりたいとおもうのでした。

****************
起業・副業女子のコミュニティDMMサロン
たのしいしごと女子研究所

 

lounge.dmm.com

****************

ハンドメイドの売り方を学べるシナプスオンラインサロン

synapse.am

****************

単発・継続コンサル共に

スカイプやメールでの対応を受け付けております。

スカイプOK!趣味を仕事に変えるハンドメイドコンサルティング

お申込み・ご質問は
hmshigotojuku@gmail.com宛にお願いします。

 

******************
メルマガではブログでご紹介していない内容も
配信しています。
是非ご登録お待ちしてます。

メルマガ「お仕事ハンドメイドへの道」お申込フォーム