好きを仕事に繋げて楽しく生きる   たのしいしごと女子研究所

女子が楽しく仕事をしていくために日々の生活について研究しているブログです。

できることを強みと能力に分けて考えると好きが仕事にぐっと近づく

こんにちは。

好きを仕事に繋げてたのしく生きる
たのしいしごと女子研究所のたかはしあやです。

先週末は、たのしいしごと女子研究所の代表としての初めての仕事「ハンドメイドメイカーズ」で登壇してきました。

実はこの肩書、来年から使おうと思っていたのですが、ホビー協会の方から「コンサルタントよりも、こっちのほうがいいんじゃない?」とアドバイスを受けて、使ってみることにしました。

職種としてはコンサルタントであることには変わりないのですが、なんとなくわたしの雰囲気や活動からするとかたいので、肩書きとしては研究所がいいかなーと。ラボです、ラボ。

メイカーズではいろんな出会いがありました。
そして発見もいっぱいありました。
だからわたしはこの出会いによって得られた発見を自分なりに調べたり検証する作業にはいります。そしてまた新しいシナリオを書くのです。

f:id:hmshigotojuku:20161101121916j:plain



このブログでも何度も話していますが、わたしは外に出る仕事はそれほど得意ではありません。嫌いではないけれど、得意ではないのです。
人見知りではないけれど、わたしのことを知らない大多数の人に話すことよりも、わたしを知ってくれている人に話すほうが好きです。

できること=好きや得意であり、それは天性のものだとひとまとめにしていた時期は、なぜかうまくいきませんでした。
でも、もともと好きなことと努力してできるようになったことを分けて考えて仕事を組み立てていくようになってからは、同じことを手掛けてもおどろくほどうまくいくようになったんです。
 
最終日のオープンセミナーでお話した「強み」の話ですね。
同じことを、たのしいしごと女子研究所オンラインサロンでも書いていますが、これは結構重要なことだと思います。

強みっていうのは、もともと持っているもので、意識しなくてもできることや良い感情を持てることの中で、他人からの評価が高いこと。
能力っていうのは、意識すればできること。訓練によってできるようになることの中で、他人からの評価が高いことです。

わたしにとって本を読むこと・文章やストーリーを考えることは強みであり、人に説明したり意見をはっきりと伝えることは、能力です。

だから、能力を使うことがメインのお仕事ばかりをしていると、たぶんだんだん嫌になってくると思います。
今わたしが楽しく仕事をしているのは、強みと能力がリンクしているからです。直接的には能力に対し評価してくれていて、そこでお金が発生するのですが、自然とやれる強みが、能力を最大限によく見せてくれているだけです。

つまり、直接的に仕事(お金)になっているのは、あとから努力して身に着けたものですが、その源泉になっているのは強みなんです。

作家や講師がより良い商品やサービスを作るのが好きなのと、似ていると思います。わたしにとって本を読んだりストーリーを考えるのは、製作活動なんです。

f:id:hmshigotojuku:20161101121841j:plain


自分ができることを強みと能力に分けて考えて、自然とできて他人からの評価が高い「強み」を伸ばすために必要なものを「能力」で補えないかを考えていくと、好きなことを仕事にしている感覚を得られます。

強みと能力、是非考えてみてくださいね。

****************
起業・副業女子のコミュニティDMMラウンジ
たのしいしごと女子研究所

lounge.dmm.com

****************

ハンドメイドの売り方を学べるシナプスオンラインサロン

synapse.am

****************

単発・継続コンサル共に

スカイプやメールでの対応を受け付けております。

スカイプOK!趣味を仕事に変えるハンドメイドコンサルティング

お申込み・ご質問は
hmshigotojuku@gmail.com宛にお願いします。

 

******************
メルマガではブログでご紹介していない内容も
配信しています。
是非ご登録お待ちしてます。

メルマガ「お仕事ハンドメイドへの道」お申込フォーム