読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きを仕事に繋げて楽しく生きる   たのしいしごと女子研究所

女子が楽しく仕事をしていくために日々の生活について研究しているブログです。

自分にとって心地よいことで他人から見ると努力に見えるところを探してみる

こんにちは。

好きを仕事に繋げて
楽しく生きるためのお手伝い
たのしいしごとプランナーのたかはしあやです。


札幌に戻ってきました。
飛行機から降りた瞬間、寒い!
あぁ、帰ってきたんだなと実感する瞬間でもあります。
 
今日は先ほどまでのんびりゴロゴロして、ようやく起き上がり家で仕事をし始めています。1週間の出張は得るものは多いのですが、肉体的には厳しいので体調を崩さないように、自分なりの調整をしていかなければなりません。

わたしの場合独身ですので、比較的自由に時間を使うことができます。家族がいると、オンオフをはっきりとしなければいけないと思いますが、独身は自分のことだけ、自分のペースだけを考えて組み立てられるので、その点はとても便利です。

10月は出張もなく余裕のある月なのですが、今日締め切りの仕事が多いので、ひとつひとつ、家で仕上げていこうと思います。

f:id:hmshigotojuku:20160331215636j:plain



今回の出張ではいろいろなトピックスがあり、とても実りの多い1週間でした。最近強く感じることなのですが、わたしは出張に出ると、いろいろなネタや発見を仕入れることができるタイプです。

仕入れている最中はあまり良いコンテンツを発信できないのですが、帰ってきてから仕入れてきたものをじっくりと吟味し、関連する情報を調べ、形を整えてコンテンツ化していくという作業が好きなのです。

ちなみに、執筆中はどんな音楽をかけていますか?という質問をされることが多いのですが、基本的にわたしは音楽とかテレビとかをつけないで仕事をしたほうがダントツにはかどるタイプなので、「無音」です。音楽やテレビが嫌いなのではなく、そちらに集中してしまうからです。

無音といってもシーンとしていなければダメではなく、生活音はそれほど気にならないのです。今もテレビも音楽もつけずにこれを書いています。

わたしにとってすごく普通で当たり前のことなのですが、この話をすると高確率で「ストイック」だと思われるんですよね。うーん、ストイックって禁欲的というようなニュアンスなので「我慢して静かなところで書いている」と思われるんだなぁと、思います。わたし的には我慢ではなく、無音で書き続けるのが心地いいからやっているんですけれど、ほかの人にとってはそう見えないことなんでしょう。

オンオフあまり決めずに、ほぼ毎日何らかしらのお仕事をし続けることも、無音で執筆することも、わたしにとってはとても心地よいことですが、ある人から見ると「すごい」とか「努力している」と思われやすいのです。

だからもしみなさんの中で、周りの人から「すごい」とか「努力している」と思われたい方がいらっしゃれば、自分にとって心地よいことにどのように取り組んだり表現したら「すごい」とか「努力している」と思われるのかを考えてみるといいと思います。

自分が好きで自然とやりたくなることの中に、あなたの仕事を楽しくするエッセンスがひそんでいるとわたしは思います。

****************
情報が盛りだくさんなオンラインサロン
シナプスのオンラインサロンメンバー

****************

単発・継続コンサル共に

スカイプやメールでの対応を受け付けております。

スカイプOK!趣味を仕事に変えるハンドメイドコンサルティング

お申込み・ご質問は
hmshigotojuku@gmail.com宛にお願いします。

 

******************
メルマガではブログでご紹介していない内容も
配信しています。
是非ご登録お待ちしてます。

メルマガ「お仕事ハンドメイドへの道」お申込フォーム