好きを仕事に繋げて楽しく生きる   たのしいしごと女子研究所

女子が楽しく仕事をしていくために日々の生活について研究しているブログです。

著者とハンドメイド作家はとても似ている職業だとおもう

こんにちは。

好きを仕事に繋げて
楽しく生きるためのお手伝い
たのしごとプランナーのたかはしあやです。


昨日、3冊目の本が校了しました。

原稿を書き上げても、校了のお知らせが来るまではドキドキです。直しだったり変更点だったりの指示が来ると、なるべく早く修正し再提出しなければならないからです。

基本的に表紙にはわたしの名前しか載らないので、わたし主導でやっていると思われがちですが、本のしごとはチームプレーであり、出版社主導です。色々な人が係わり合い、本という形あるものが生み出されます。

校了しほっとしたのもつかの間、これからは本を売るための準備に取り掛かります。これって、ハンドメイド作家と似ているなぁと思います。試行錯誤してやっと仕上がったと思ったら、今度は売る準備。

作る仕事と売る仕事の大変さは違います。でもどちらも大切です。
心をこめて書き上げた原稿は、本という形になるだけでなく、多くの人に読まれてこそ価値になります。ハンドメイドで作られた商品も、心をこめて作った完成度の高い商品も、お客様に買ってもらい、使ってもらって初めて価値が生まれるのと一緒なんですね。

f:id:hmshigotojuku:20151205192919j:plain


そしてこのことを、わたしは自然と身に付けたのではなく、学びによって身につけました。沢山の本を読んだり、セミナーに出たりしながら、意欲を持って知ろうとした結果、身につけることができたのです。

1冊目の本が皆さんのおかげでとても良い成績をおさめたことで、2冊目、3冊目とお話を頂くことができました。2冊目のminneで売れっ子ハンドメイド作家になる本は1冊目と比べると差はあるものの、出版社の方に伺ったところ、そこそこ売れているから!と言っていただいています。

売れっ子ハンドメイド作家になる本

売れっ子ハンドメイド作家になる本

 

 

minneで売れっ子ハンドメイド作家になる本

minneで売れっ子ハンドメイド作家になる本

 

 

わたしにとって2冊目の本はいろいろな意味で思い出深いので、まだまだ売っていきたい、読んでもらいたい本なのです。だからこそ新刊をしっかりと売り、わたしのほかの本も読みたいなと思ってもらえるようにしたいです。

ハンドメイド関連の書籍は沢山発売されており、花盛りです。前にも書きましたが、わたしは今の現状をとても嬉しく思っていますし、色々な方の出された本を読むのを誰よりも心待ちにしています。

handmade-jl.hatenablog.com


著者の方によってフォーカスする場所は違うし、一見似たように見えてもしっかりと読み込んでいくと、その方独自の切り口になっていてとても面白く参考になります。
これからも続々と色々な本が出ると思うので、ワクワクしています。

その中で、わたしが唯一他の人と差別化できることといえば、誰よりも本を売る気だということだと思います。ハンドメイド系の本の著者の中で、ダントツ自分で売る気マンマンの著者だと思います。

なぜかといえば、わたしは普段自分の生徒にそうしなさいといっているからです。先ほど書いたとおり、著者とハンドメイド作家は似ているのです。なのにわたしが売るための努力をあまりしなければ、わたしの発言の信憑性は下がる一方です。

 

やってみせ 言って聞かせて させてみて
ほめてやらねば 人は動かじ

 

私の大好きな山本五十六さんの名言です。
やっぱりわたしがやってみせなければ、ついてはきてくれないのです。

新刊は今月発売予定で、アマゾンキャンペーンなども用意しています。
1冊目のときに獲れなかった、アマゾン総合ランキング1位を今回は絶対に獲りたい!と思っています。

詳しくはまたブログでお伝えしますので
そのときは是非皆様、お力をお貸し下さいね!

****************

ハンドメイド関連のお仕事一覧です
****************

情報が盛りだくさんなオンラインサロン
シナプスのオンラインサロンメンバー

****************

単発・継続コンサル共に

スカイプやメールでの対応を受け付けております。

スカイプOK!趣味を仕事に変えるハンドメイドコンサルティング

お申込み・ご質問は
hmshigotojuku@gmail.com宛にお願いします。

 

******************
メルマガではブログでご紹介していない内容も
配信しています。
是非ご登録お待ちしてます。

メルマガ「お仕事ハンドメイドへの道」お申込フォーム