好きを仕事に繋げて楽しく生きる   たのしいしごと女子研究所

女子が楽しく仕事をしていくために日々の生活について研究しているブログです。

女子特有「あなたが選ぶなら私も」のなかよし理論の先にあるもの

こんにちは。

好きを仕事に繋げて

楽しく生きるためのお手伝い

たのしごとプランナーのたかはしあやです。

 

女子は、誰かと一緒が好き。

いや、私も女子だから気持ちはものすごく分かるんです。
仲のいい人、自分に近い人、同じ何かに属している人たちの行動が気になるのはすごく分かるし、わたしもそういう気持ちになることは多分にあります。

でも、それが「クセ」というか「習慣」になっている人って
どんなことでも「一緒だ」ということに安心してしまって、その先にあるものが見えてないんですよね。

私もこの仕事をはじめて、辛いことなんて数え切れないほどあったし、ひとりで決断しなければならないことだって沢山あって、それはもう吐きそうなレベルです。

でもそれって私だけじゃなくて、私の周りで仕事にしている人たちは大体みんなそんな経験をしていて、それでも歯を食いしばって今があるわけです。

たとえば何かのチャンスがあって、やるかやらないかをたずねられたとき、多くの女子は「やる」ということを選択するという意識はあっても、「やる」を選択しなかった=「やらない」を選択したという意識はないんですよね。

f:id:hmshigotojuku:20160422142310j:plain

 

ここ数日、新しいことにトライする「やる」を選択した女子と会う機会が何度かありました。

どの人もジャンルも違うし、やることの内容も違うんだけど、話していて楽しい。きっと迷ったりしたんだろうけど、いっぱい考えて悩んでこれだーって自分で選んだんだろうなと。

あった人たちは別々だし、トライ内容も違うのに同じ熱量なんですよね。
不思議。でもどこか共通している。

一緒に何かをやることはアリでも、大事な選択は自分で決めなきゃならないし、仕事なら必要のないことは「なかよし理論」で選んじゃダメだと思う。

誰かと仲良くすることと、決断の根拠や理由を「あの人もやってるから」で決めるのでは全然違うと思っていて、わたしが教えているハンドメイドの業界にはこのなかよし理論で選ぶ人がめちゃくちゃ多いと感じるんですよ。

でも実際結果を出しているひとって、自分で決めてる人。
だからそこから抜け出してほしいなと思ったりしています。

なかよし理論の先にあるのは「一緒にいる安心感」
それ以上でも、以下でもなく、一緒だという事実と安心感だけ。

一緒がだめなわけじゃなく、同じ選択をしたという安心感を得たいという目的の先には、自分の望むそれ以外の結果はついてこないということ。

f:id:hmshigotojuku:20160331215640j:plain

 

必要なものを自分で選ぶ力と勇気を持って行動できる人は
そうでない人と分かり合える確率は低いし
心を許し合うことも、難しいんだと私は思います。

****************

ハンドメイド関連のお仕事一覧です

****************

情報が盛りだくさんなオンラインサロン
第二期の募集中です!

シナプスのオンラインサロンメンバー

****************
単発・継続コンサル共に
スカイプやメールでの対応を受け付けております。

スカイプOK!趣味を仕事に変えるハンドメイドコンサルティング
メールOK!ハンドメイド活動の悩みについてアドバイス

お申込み・ご質問は
hmshigotojuku@gmail.com宛にお願いします。

 

******************
メルマガではブログでご紹介していない内容も
配信しています。
是非ご登録お待ちしてます。