好きを仕事に繋げて楽しく生きる   たのしいしごと女子研究所

女子が楽しく仕事をしていくために日々の生活について研究しているブログです。

ドキュメンタリーブログじゃないとダメだという思い込みを変えると発信が楽しくなる

こんにちは。

好きを仕事に繋げて
楽しく生きるためのお手伝い
たのしごとプランナーのたかはしあやです。

 

私は毎日情報発信しているので、次から次へと楽しいことが起きて、嫌なことやつらいこと、悲しいことが起きていないんじゃないかと思われがちですが、実際は嫌なことやつらいこと、悲しいこともそこそこ起きています。

でも、私の発信基準はただひとつです。
出来事を文字にして発信した時にお客様(読者)が読みたいと思うか、私や私の商品やサービスに好感や共感を感じてくれるかだけです。

事実を文字にして、真意が伝わりにくいと私が感じることは発信しません。だから本当はめちゃくちゃ言いたいことでも、これはブログ向きじゃないからと泣く泣くあきらめる出来事なんかも結構あります。

 

f:id:hmshigotojuku:20151205192919j:plain

 

私は何のために情報発信をしているかといえば、100%仕事のためです。面倒くさがりで、プライベートでは友達のメールにも「りょ」(了解の略)しか書かないような私は、仕事じゃなかったらやらないです。


仕事のための情報発信は日記とは違います。自分だけが読むものと、読まれることを前提にして書かれるものとは根本的に違うからです。

そして、出来事を時系列(起きた順番)に書く必要もないし、相手に伝わりやすい表現で伝えたいところだけ切り取ることも時には必要です。

嘘を発信するのはどうかと思うけれど、真意を理解してもらいやすいように整えることは、仕事における情報発信では大切なことだと私は思っています。

大事なのは、情報を発信することで自分のやっていることに興味を持ってもらう入口を作ることだからです。

 

f:id:hmshigotojuku:20151205192852j:plain

 

私はこうしてブログを書くことが楽しくて、仕事の中でも楽しい業務のひとつです。でも、書くこと自体が楽しいというだけではなく、読んでくれた読者の方からの反応があるというのも楽しみのひとつなんです。

発信することでお気に入りやブックマーク登録して頂いたり、シェアで共有して頂いたり、この間の記事良かったよと声をかけてもらったりと、反応があることが、この作業を楽しくさせる原因だと思います。

 

その時に、事実をできるだけ正確に書くだけでは伝わりにくいこともあるから、たとえ話を入れたり時系列を入れ替えることもあります。

そうして「本来の発信目的=お客様が読みたい内容を書く」にフォーカスしていくことが出来ると、発信がものすごく楽しくなります。

私の周りにおきることはつまらないことで、人が興味を持たないことだから書く意味がないとかネタがないとか思わずに、お客様に読みたいと思って、好きになってもらうことにフォーカスした考え方に少しずつシフトしてみませんか?