好きを仕事に繋げて楽しく生きる   たのしいしごと女子研究所

女子が楽しく仕事をしていくために日々の生活について研究しているブログです。

今話題!7つの習慣ボードゲームの魅力とプレイした感想

こんにちは。

好きを仕事に繋げて

楽しく生きるためのお手伝い

たのしごとプランナーのたかはしあやです。

 

先週末、今話題の「7つの習慣ボードゲームのプレミアムイベントに参加しました。

会場は7つの習慣でおなじみの、フランクリンコヴィー社です。

 

f:id:hmshigotojuku:20160201143347j:plain

 

7つの習慣というのはアメリカの経営コンサルタント、スティーブン・R・コヴィー氏が執筆した成功哲学の世界的ベストセラー。

私もこの本が大好きなので、ゲームが出ると知ってすぐに絶対に買うことを決意しました。

実はこの7つの習慣ボードゲームは、先行発売としてクラウドファンディングが行われていました。その中にゲーム単体だけでなく、開発者を交えたプレミアムイベント付というメニューもあったので、迷わずイベント付きを申し込み、スケジュールを調整しました。

 

ゲームの詳細は、アスキーさんのこの記事がとても詳しいのでお読みいただくとわかりやすいと思います。

ascii.jp

 

このゲームのゴールは、7つの習慣の中で重要視されている「ミッション・ステートメント(夢)の実現」のために必要な、お金・影響力(人材)・信頼を集め、さらに刃を研ぐという自分自身をブラッシュアップしていくカードを時間内に集めることです。

 

f:id:hmshigotojuku:20160201145838j:plain

影響力(人材)カード。上に書いている数字が高いほど良い人材です。


しかし普通のゲームと違うのは、自分だけが全てを集めればいいというわけではなく、たとえ自分の夢の実現が可能なゴール状態にあっても、終了時間までそれを守りきらなくてはならないということです。

そして一番のハッピーエンドは、一緒にプレイした全員が夢を実現させること。つまり先に夢を叶えられる状態にある人は、他の人の手助けをしながらみんなで叶えて行くというところが、とても新鮮です。

 

人材を集め、色々なプロジェクトを成立させ、お金や信頼を得ながら夢の実現に向かって進んでいくというまさにビジネスの縮図のような展開です。

 

f:id:hmshigotojuku:20160201150309j:plain

プロジェクト成立には複数の人材が必要で、レベルの高い人材が複数必要なプロジェクトは信頼も報酬も高い・・・リアルビジネスと一緒です!

 

このゲームのすごいところは、「交渉」にあると思います。

基本的にルールはシンプルなのですが、この交渉をするとしないとではゲームの展開が大きく変わります。

 

最初に決めるミッション・ステートメント(夢)はそれぞれ異なる要素が必要です。

たとえば、こんな感じ。

 

f:id:hmshigotojuku:20160201150640j:plain

ゴールに必要な基本的要素(信頼・影響力)のほかに

左は お金が必要

真ん中は 信頼が必要

右は 影響力(人材)が必要 です。

 

つまり、ある人はお金が沢山必要だけど、影響力はほどほどでよかったり

ある人は信頼が沢山必要だけど、お金は全く必要じゃなかったりするのです。

 

だからこそ、相手が何を欲しているのかを予想しながら、自分の欲しいモノと交換してもらえるように持ちかけながらゲームを進めていくのです。

 

私がプレイしたテーブルは経験者の方が多かったので、とにかく皆さん交渉上手でした。大きなプロジェクトを成立させるために、人材がバッティングしている人同士が熾烈な交渉(笑)をしているのを見ていると、リアルビジネスでも交渉がお上手なんだろうと感じざるを得ませんでした。

 

そして、どんなに誰よりも早く夢の実現に近づいても、不条理な出来事で多くを失ってしまう憂き目に遭ってしまうのも、リアルと一緒です。
私のテーブルでは最後の最後で、夢が叶っている状態の人全員のお金も人も半分になってしまう恐ろしいカードを引いたのが、一番のお金持ちの方だったこともなんだかドラマチックでした。

 

f:id:hmshigotojuku:20160201152641j:plain

 

ちなみに結果は私ともう御一方以外の全員が夢を達成されました。

私の夢は宇宙旅行会社の設立で、必要なのは多額のお金でした。

 

ちなみにもう御一方の夢は、プレイしている全員の夢を叶えること。

つまりどんくさい私のせいで、その方の夢が叶わないという結末でした。

ちなみにその方は、とても優しくてみんなに気を配りながらゲームを進めていらしたので、なんていい人だろうと思っていたのですが、それがミッションだったと聞いて納得しました(笑)

いえいえ、それを除いても本当にいい方でした!

 

ゲーム終了後にフランクリンコヴィー社の方や開発者の方から開発秘話などを伺いました。ただ単に面白いというだけでなくビジネスとしても役立つゲームだということが良く分かり、私もリベンジしたくてうずうずしています。

特に経営者の方々には是非プレイして頂きたいですね。本当に面白いです。

 

そしてこのゲームはファシリテーター(進行役)がいたほうが面白さが増すゲームだと実感しました。私も周りの方々とゲームプレイを通じて楽しく学びながら、7つの習慣の大切さを実感していきたいと思います。