好きを仕事に繋げて楽しく生きる   たのしいしごと女子研究所

女子が楽しく仕事をしていくために日々の生活について研究しているブログです。

フォローを外されたりブロックされると精神的に辛い人へ

こんにちは、たかはしあやです。


今日はメルマガからのご質問について回答していこうと思います。

私はSNSやブログなどのフォローを外されたり、メルマガやLINE@を解除・ブロックされると、すごく辛いです。自分が何かしてしまったのか、急に嫌いになったのかを相手に聞いて、できることなら改善したいです。
また、フォローを外されないようにするテクニックみたいなものがあれば教えて欲しいです。
 
 
このような質問・相談は定期的に来ますね。

わたしの回答は
「去った人のことは気にせず、新たにフォローしてくれる人、利用してくれる人を増やすためにどうしたらいいかを考える。相手が興味を持ってくれる発信を続けていれば解除は減らせるけど、それでも100%外されないテクニックはない」
なのですが、これがなかなか腑に落ちないという方も、多いようです。
 

なぜ、去った人のことは気にしないのか。
それは、気にして努力したところで、ゼロにすることは不可能だからです。

 
2対6対2の法則というのを、ご存知ですか?
自分のことを知っている人の割合を表したもので、自分を好きな人が2割、普通(気に留めていない)だという人が6割、嫌いな人が2割という構成になっていると言われています。
 
どんなに優れた人でも、どんなに優秀な人でも、その人に対しネガティブな感情を持っている人は2割いるし、性格が悪そうな人でも、その人に対しポジティブな感情を持っている人は2割いるということです。

フォローを外されたりブロックされないように工夫することは必要だと思います。でも、工夫したとしてもゼロにはできない。
特に自分の仕事がうまくいけばいくほど、登録してくれる人の数も増え、離れていく人の数も増えます。 

なので一人でも減るのが精神的に辛くて仕事にならないという方は、残念ながら個人でビジネスをするのにはあまり向かないかもしれない、と思います。


ただ、フォロワーや登録数が増えることで、去っていく人のことが少しずつ気にならなくなってきたりもします。わたしもメルマガなどは登録数が100人くらいの時は、解除されると「内容がダメだったかなぁ」とちょっと凹むこともありましたが、1000人を超えてくると、メルマガを出せば解除されることも普通にあるようになったので、気にならなくなりました。

精神的に辛い人の解決法は、フォローや登録数を増やせるように全力で努力することをお勧めします。

 

f:id:hmshigotojuku:20171101120511j:plain



人間って、得られる喜びよりも失う悲しみの方が大きく感じるようにできているらしく、行動経済学では「損失回避性」というそうです。
例えば、1人がフォローしてくれた喜びよりも、フォロワーを1人を失った時の悲しみの方が強く感じる、というようなことですね。
 
本来は誰かにフォローを外されたりブロックされたりしても、また新しくフォローしてくれる人を見つければいいだけなのに、去って行った人のことが気になって仕方がなくなり、いつまでもそのことについて考えてしまいます。
 

また、フォローやブロック、登録・解除などの基準って人それぞれです。
なので、相手の基準を深読みしたところで、何も解決しないです。

例えば、別れたいな・・・と思っている相手からしつこくされても、気持ちって冷める一方ですよね。追いかけて気持ちが戻るならいいけれど、たいていは戻りません。
それなら一度離れてしまった方が、いいんです。
縁があればまたフォローしてもらえたり、登録してもらえたりすると思います。


ブログやSNS、メルマガで人それぞれ活用の基準があり、これが正解っていうのはないと思うんです。
また、その基準は一定じゃなく、その都度変わります。
だから、絶対的な正解ってないんですよ。
 
わたしの場合、昔はFacebookは申請してくれたら、基本的にはみなさん一旦承認して、ちょっと違うな・・・って思ったら、解除するようにしていました。

でも、2年くらい前にLINEの乗っ取り被害に遭って、知らない人をどんどん承認するのに抵抗を感じるようになりました。
他にもわたしと面識がない人が友人に「あやさんと親しくさせてもらっている」と言って売り込みをかけてきたという事例が何件かありました。
そのことをきっかけに思い切って面識がない方や、面識があっても交流をほとんどしていない方の友達を一旦解除しました。
 


今は面識のある方や、同じコミュニティに所属している方など、リアルでお会いした方やつながりのある方のみにして、フィードのフォローをお願いしています。
もしもわたしと友達だったけれど解除されてた・・・という方がいらっしゃいましたら、90%以上の確率で交流がなかったからだと思うので、嫌いになったとかではありません。

 

Facebookではたまに「友達整理とかうざい」とか「解除する人の気がしれない」みたいな投稿を目にすることはありますが、気にしません。
だって、自分の基準ですからね。

だからわたし自身、フォローを外されたりブロックをされていても、あまり深く考えません。というか、気にしていないせいか、されていると気づいていないです(笑)


相手を変えるより、自分が変わった方がはるかに早く結果を変えられます。

ちなみにわたしは一度フォローを外したけど、またフォローしたいと思ってくださったり、メルマガも解除したけどまた読みたいと思ってくだされば大歓迎ですので、お気軽にフォローやご登録をお願いします。

コンサルティングも、サロンもみんな同じです。
たまにすごく長文で「申し訳なかった」と送ってくださる方がいるんですが、そういう気遣いは一切不要ですし、あまり気にしていません。
 
必要だと思ったらフォロー・登録し、必要がなくなれば解除してもらえばいいし、わたし自身もそうしています。もしもそれで相手から嫌われてしまったら、それはそれでご縁がなかったんだと割り切れば、精神的な辛さはほとんどなくなります。
 

ご質問をくださったMさん、参考になりましたでしょうか?
世界は広く、自分を受け入れてくれる人はたくさんいます。去りゆく人に怯えるよりも、これから出会う自分のことを好きになってくれる人との未来のことを考えて、前に進んでもらえたらいいんじゃないかと、わたしは思います。
 

不定期配信メルマガ
たのしいしごとラボラトリーではみなさんのご質問・ご相談をブログやメールで回答しています。ご本人が特定されないように配慮しますので、ぜひお寄せくださいね。


***************
世界中どこにいても、学べる・繋がれる
ハンドメイドを仕事にしたい人のための
オンラインサロンです。

ハンドメイドビジネス仕事塾

***************
女性限定・好きなことを仕事にしたい人のための
仲間づくり(人脈構築)や自分の魅せ方などを学ぶ
オンラインサロンです。
「たのしいしごと女子研究所」
 
****************

毎週月曜の15時に配信。
ハンドメイドを仕事にしたい人のための
メールマガジンです。

****************
不定期配信
好きな仕事で楽しく働きたい人のための
メールマガジンです。

ネットスーパーを定期的に利用するようになった理由

こんにちは、たかはしあやです。


今日は大寒、暦の上では一年で最も寒い日です。
寒い日は、外に出たくなーい!(今日だけじゃない?)
 

そんなわたしが最近愛用しているのが、ネットスーパー。
イトーヨーカドーのリピーターで、週に1度くらいのペースで注文しています。

www.iy-net.jp


商品はネットで注文し、決済は直接現金でもクレジットカードでもOKです。
最初は現金にしていましたが、最近はカード決済の方が便利でほぼカードで支払っています。

以前はネットスーパーって高いし品揃えが良くないんじゃないか・・・と思っていて、できるだけスーパーに買いに行くようにしていましたが、リピートしていくうちにマイナスなことよりもプラスのことに目が行くようになり、今ではメインがネットスーパーになっています。

 
配達手数料が324円かかりますが、現在はキャンペーンらしく5000円以上で手数料も無料で配達してくれるので、いつも5000円くらいに注文をまとめています。
 
例えば、こんな感じ。

f:id:hmshigotojuku:20180120180956j:plain

この他にもお肉やお魚も購入したんですが、小分けにして冷凍しちゃったので、分けていないものをいくつか載せてみました。

卵や瓶に入ったものはひとつひとつプチプチに包んでくれますし、お肉やお魚などはポリの袋に入っています。
鮮度も良いものが多いです。

生鮮(野菜・果物・お肉・お魚)の品揃えは、季節や日によって全然違うので、特に野菜や果物は、欲しいものがない日もあります。昨日も、マッシュルームはブラウン・ホワイトともにありませんでした。あとバナナも買いたかった。。。


ちなみに・・・

一番大きなメリットは、重いものを運ばなくていいこと。
一番大きなデメリットは、一般的なスーパーよりも品揃えが悪いこと。

品揃えが悪いと言っても、イメージ的にはイオンの小規模スーパー、まいばすけっとに近いくらいはあると思います。

リピートしている理由がもうひとつあって、配達員の方の対応がどなたもみなさん丁寧で素晴らしいんです。
固定の方ではなく色々な方がお見えになるのですが、どなたもみなさん感じのいい方ばかり。
男性・女性両方いらしたことがあり(うちは男性が多め)、30代くらいの方から5〜60代くらいの方までいらっしゃいますが、一度も嫌な思いをしたことがないので、また頼みたくなります。

便利だとしても、配達してくれる方の対応が悪ければリピートしたくならないですよね。

 

f:id:hmshigotojuku:20180120183034p:plain

リピートしていると、買い物を楽しむためのポイントも押さえられるようになりました。
例えば・・・

・16時にカートが閉められ、17時に再開する
・翌日配達して欲しい時は、17時〜20時くらいまでに注文
・限定商品は17時〜20時くらいで売り切れる

などなど、いろいろ学習し成長しています(笑)


寒い日でも暑い日でも玄関先まで運んでくれるネットスーパーは、お家で仕事するわたしの強い味方です。
 

最近は都内だとアマゾンフレッシュで生鮮を扱うようになりましたね。
他にもイオンでもネットスーパーをやっています。
お住まいのエリアによっては、対応していないこともあると思いますが、興味がある方は是非、トライしてみてください。
意外と、ハマります。

***************
世界中どこにいても、学べる・繋がれる
ハンドメイドを仕事にしたい人のための
オンラインサロンです。

ハンドメイドビジネス仕事塾

***************
女性限定・好きなことを仕事にしたい人のための
仲間づくり(人脈構築)や自分の魅せ方などを学ぶ
オンラインサロンです。
「たのしいしごと女子研究所」
 
****************

毎週月曜の15時に配信。
ハンドメイドを仕事にしたい人のための
メールマガジンです。

****************
不定期配信
好きな仕事で楽しく働きたい人のための
メールマガジンです。

今年の出張予定とやってみたいこと

こんにちは、たかはしあやです。


昨年から「来年はこもりますよー」と言っていたので、しばらく札幌から出ないと思われておりますがそんなことはありません。

1月は札幌にいますが、2月は中旬に台湾に行ってきます。
本当は昨年行こうと思っていたんですが、スケジュール的に難しかったので今年になりました。
最近特に台湾進出している会社が増えましたね。元々日本文化と馴染みのある国ですけど、ここ数年は特に増えた気がします。
 
わたしのクライアントでも、台湾の企業とのお取引が始まる方がいたり、台湾移住を考えている方からご相談を受けたりと、何かとご縁が増えているので自分の目でしっかりと確認して、サービスにつなげていきたいと思います。


偶然にも昨年から台湾に駐在している友人がいるので、いろいろと話を聞いてきます。

f:id:hmshigotojuku:20170602112319j:plain


東京への出張は3月からスタートします。
とは言っても、今の所は3月末に上京するくらいで、他の予定は決まっていません。
今まで通り遠方でのセミナーやイベントサポートなどのお仕事のご依頼も、スケジュールが合う場合喜んでお受けしますので、ご相談ください。
 
わたしが他の方を招致するということはないのですが、札幌でセミナーとかイベントをやりたいけれどサポートしてほしい、という方がいらっしゃればお手伝いさせていただきたいなと思っています。
会議室や懇親会の会場手配、当日の受付など、札幌であれば対応可能です。

各種お問い合わせ


ちなみに札幌でのサポートの仕事に関しては、金銭的な対価ではなく何かと「トレード」でお受けしたいなと思っています。わたしが知りたいことを教えて頂けたり、何かでお力をお借りできたりすると嬉しいですね。
もちろん、北海道在住の方でもOKです。
何かで共通点があったり、共感できるポイントがあればトライしていきたいと思っています。


f:id:hmshigotojuku:20170602112317j:plain

あと、今年からチャレンジしたいことがあるので、そのために上京すると思います。
東京だけでなく、違う都市にも行くかもしれません。
新たな挑戦は、うまくいくかどうかはわからなくても、ワクワクしますね。


今までやってきた仕事はほぼネットにシフトしていきますが、新しいことに関してはリアルで動くことも増えると思います。
ある程度形になったらまたお話ししていこうと思いますが、「好きを仕事にする」というわたしの人生のテーマを基に、今年も地味にコツコツと頑張っていきたいと思います。

今年もめいっぱい楽しみながら働きます。

***************
世界中どこにいても、学べる・繋がれる
ハンドメイドを仕事にしたい人のための
オンラインサロンです。

ハンドメイドビジネス仕事塾

***************
女性限定・好きなことを仕事にしたい人のための
仲間づくり(人脈構築)や自分の魅せ方などを学ぶ
オンラインサロンです。
「たのしいしごと女子研究所」
 
****************

毎週月曜の15時に配信。
ハンドメイドを仕事にしたい人のための
メールマガジンです。

****************
不定期配信
好きな仕事で楽しく働きたい人のための
メールマガジンです。

ツイッターの滞在時間をあげてみた

こんにちは、たかはしあやです。


今日は対面コンサルティングのために外出しています。
冬ということもあり、基本的に外出は週1回。今月は出張もないのでほぼほぼ籠っております。
もちろん、雪まつり期間も籠っていることでしょう。
熊が冬眠せず穴の中でアグレッシブに動いているイメージです。


穴の中でコツコツ仕事をしつつ、合間にSNSで発信しています。
特に今年は、ツイッターの滞在時間をあげています。
 


仕事のことだけじゃなくプライベートなことをつぶやいたり、いいなと思ったものをリツイートしたりと、楽しく使っています。別のアカウントですが、お店を開いたばかりの頃はツイッターをよく利用していたので、昔に戻った感じです。

 
現在のクライアントもフォロワーもハンドメイド関連の方が大半ですが、これからはもっと幅広く、感覚の合う人と繋がっていけたらと思ってSNSを活用しています。自分の好きなこと、興味のあることでゆるやかにつながりを作っていきたいですね。

 

f:id:hmshigotojuku:20171101120511j:plain


わたしは昔から「表現や視点が変わっている」と言われていたんですが、自分としてはごくごく平凡だと思っていたので、何がどう変わっているのかがわからなかったです。
 
でも最近は「こういうところが変わっているんだ」ということがわかるようになりました。理由は「変わっていると言われる理由」に興味を持つようになったからです。
何がどう変わっているのか、一般的にはどういう表現をするのかを少しずつ学習していくことで、他人との差みたいなのを把握できるようになりました。
 

表現や視点が独特だということは、そこにハマってくれる人もいるはず。
嫌いな人もいるだろうけど、ハマってくれる人と繋がりたい。
そのためにはSNSの中でもツイッターがわたしには合っている、というのは前々からわかっていました。
 
でも、ツイッターを活用するためにはもう少し仕事のスタイルを変えたほうがいいなーというのにも気づいていたので、ゆるやかに準備して今の形になりました。

何でかっていうとツイッターではバズりたいというよりも、人数はそれほど多くなくても似た感覚の方々と日常的に繋がっていたいんです。それにはわたし自身もアクティブユーザーでいることが大事なんですよ。
 

まだまだつぶやきの頻度は多くないけれど、時間を見つけて活用していこうと思います。

 
ツイッターでもフォローしてもらえると嬉しいです!

twitter.com




***************

世界中どこにいても、学べる・繋がれる
ハンドメイドを仕事にしたい人のための
オンラインサロンです。

ハンドメイドビジネス仕事塾

***************
女性限定・好きなことを仕事にしたい人のための
仲間づくり(人脈構築)や自分の魅せ方などを学ぶ
オンラインサロンです。
「たのしいしごと女子研究所」
 
****************

毎週月曜の15時に配信。
ハンドメイドを仕事にしたい人のための
メールマガジンです。

****************
不定期配信
好きな仕事で楽しく働きたい人のための
メールマガジンです。

誰にでも起きうる心の病気と仕事とのバランス

こんにちは、たかはしあやです。

 

今日は、ハンドメイド関係のメルマガの日でした。
最近は「感想や質問をくださいね」と書いているので、返信してくれる方も増えました。中には「自分は心の病気だけど、いずれはハンドメイドを仕事にしていきたいからメルマガを購読している」という方もいらっしゃいます。


ブログやメルマガの読者さんはもちろんですが、リアルでわたしにあったことがある人であればきっと、わたしと心の病気って無縁っぽく感じると思います。
 
ところが、そんなことはないんですよ。
実は会社員を辞めたのは、心の病気になりかけたことがきっかけでした。
 
というと、すごーく驚かれます。
一番無縁だと思っていた!と言われることも。
比較的何でもはっきり言うタイプだからでしょうね。
 

退職の原因は、誰かにひどく嫌がらせをされたとかそういうことではなく、いろいろなプレッシャーから自分を追い詰めていき、体調が悪くなったことに不安を感じたので退職を選びました。外勤だったので、車の運転中に具合が悪くなることに対して恐怖を感じたことが一番の理由です。
 
長く勤めていたので会社はわたしに優しく、辞めずに休職して療養したほうがいいと勧めてくれましたが、何が何でも辞めると言って半ば強引に辞めました。
 
生まれて初めて、精神科も受診したんです。
心療内科というのがあるのも知らなくて、家の近くにある心の病気を扱う専門の病院へ行きました。森の中にある病院で、なんていうか、雰囲気抜群(笑)
 
めちゃくちゃ緊張して行ったんですが、事務的で、お薬を出されてあっけなく終了。
ただ、その時は自分で病院に行ったのに「精神を病んでいる」という事実を受け入れたくなくて、もらったお薬も結局飲みませんでした。

f:id:hmshigotojuku:20180115150806j:plain


親にも本当のことは言わず「会社を嫌になってやめた」とか「やりたいことがある」と言ったりしました。
なんとなく「精神的に弱い=恥ずかしい」という思いが、わたしの中にありました。

勤めていたのが上場企業だったので、両親は退職したことを心底がっかりしていたのがわかりました。「就職難だって言われているのに」「リストラされたならまだしも自分から辞めるなんて」と言われても、無視するしかありません。
自分が辞めたことに対してはなんとも思わなかったけれど、親が悲しむのは、すごく辛かったです。

 
そんなわけで起業したのも、「精神のバランスを崩した」ことがきっかけです。
高い志を持って脱サラしたわけでは全くありません。
 
一度心の病気になったことによって「自分は過度なプレッシャーに弱いこと」や「精神的に追い詰められやすい性格だ」ということを学び、自営業を始めてからはそういう状況を作らなくても生きて行ける術について、日常的に考えるようになりました。

f:id:hmshigotojuku:20180115150810j:plain


わたしの場合はごくごく軽いものだったので、会社を離れると体調はどんどん良くなりましたが、人によっては働けないくらい重症な方もいらっしゃるはず。
そういう場合は、無理に働くことが逆効果になる可能性が高いので、まずはしっかり病気を療養することが大事だと思います。

その上で、通常働くのに問題がない状態になれば、自分がどういった時にバランスを崩すのかをしっかり把握し、極力その状況を作らないようにコントロールする必要があります。
 
心の病気は誰にでも起こりうることですし、起こったからといってしっかり療養すれば社会復帰も可能だと思います。特にわたしのように自営業であれば、うまくコントロールできれば、年齢に関係なく暮らしていくだけの収入を得ることも可能です。


ただ、お客様は家族や友人ではないので、あなたが「心の病気だから」と大目に見てはくれません。しっかりコントロールして、自分のビジネスに必要なことをコツコツ積み上げていくことが必要です。
それができれば、好きを仕事に変えてストレスフリーに働くことも可能です。


わたし自身、好きを仕事にしている今、すごく楽しいです。
肉体的にきついこともありますが、好きなことなので頑張れます。
そういう仲間を増やして繋がっていけたら楽しいだろうなと思いながら、日々コンサルティングやサロン運営をしています。
 
何より、両親もやっと今の仕事について認めてくれるようになりました。
実は今、税金とか保険料などの公的な支払いや一部の郵便物の仕分けに関しては、支払いの手続きなどを父にお願いしています。これはわたしの手間を省くというよりも「きちんと社会人としての責務を果たしています」と両親に見せるためだったりします。
 


またクライアントの中には、病院へ通いながら自営業をしている・準備中の方もいらっしゃいます。精神的なことだけではなく、内科的な持病がある方もいらして、みんなそれぞれ、自分のペースで頑張ってもらっています。

他の方よりも歩みはゆっくりですし、体調が悪くなれば少し休んだりはしながらですが、「好きなことを仕事にしたい」という明確な思いがあれば、お受けしています。

 

これもきっと、自分が一度心のバランスを崩したからできることなんじゃないかと思っていますし、わたしだからできることなので極力続けていきたいです。

 
今は継続のコンサルティングは定員に達しているので受付を休止していますが、単発の場合は、スケジュールが合えばご相談を受けています。
もしも、心身に不安があるけれどいずれはお仕事にしていきたい方、今頑張っているけれど、ちょっと行き詰まっている方がいらっしゃれば、お気軽にご相談くださいね。
 

ameblo.jp

 

***************
世界中どこにいても、学べる・繋がれる
ハンドメイドを仕事にしたい人のための
オンラインサロンです。

ハンドメイドビジネス仕事塾

***************
女性限定・好きなことを仕事にしたい人のための
仲間づくり(人脈構築)や自分の魅せ方などを学ぶ
オンラインサロンです。
「たのしいしごと女子研究所」
 
****************

毎週月曜の15時に配信。
ハンドメイドを仕事にしたい人のための
メールマガジンです。

****************
不定期配信
好きな仕事で楽しく働きたい人のための
メールマガジンです。

手に入れたいのは「突発的なことをカバーできる働きかた」

こんにちは、たかはしあやです。


ここ数日体調が優れなくて、コンサルティング以外のお仕事が遅れがちです。
不思議なもので、時間になるとピッと元気になる。コンサルティングしている間は全然辛くない。
それなのに1時間とか間が空くと、どっと疲れが出る。
そして時間になると、また元気。
 
本当にわたしの身体ってゲンキンだなぁと、感心しています。


そんなわけでここ2日くらいは、緊急性の高い仕事だけはこなし、他の時間はお昼寝していたりぼーっとテレビを見たり、ゲームをしたりしていました。
本を開いたりもしたのですが、全然読みたいという気持ちにならなくてすぐ閉じました。こういうこともあるんですよね。
 
最近は土日を予備日にしていて、基本的にはコンサルティングやミーティングを入れていません。なので、休みにしちゃってもいいし、遅れている仕事をやってもいい日にしています。そうすると気持ちも楽だし、平日にできないことがあっても挽回できるわけです。

f:id:hmshigotojuku:20161101121912j:plain
 

わたしの理想は、こうした「突発的なことをカバーできる働きかた」ができることと、同じような人たちとゆるくつながりながら、生きていくことです。

最初からそれが実現できるとは思っていなかったので、起業して最初に「がむしゃら期」を選び実践することに対し、抵抗感は全くなかったです。3年はもう死ぬ気で働くしかないなと覚悟は出来ていたんです。
 
なのでがむしゃら期には持てる時間をとにかく仕事に費やし、その後の基礎になる考え方やネタをいっぱい集めました。結局3年ではなく5年かかりましたが、この5年間でやってきたことはこれからもまだまだ利用できる「わたしだけの財産」です。

 
最初から手に入れたい働き方で仕事を作っていけばよかったのに、なぜわざわざ回り道をしたのかを聞かれることも多いんですが、会社員時代相当なおちこぼれだったので最初から「突発的なことをカバーできる働きかた」を手に入れるのはそもそも無理だと思っていました。

ただ、だんだん年齢を重ねていけば「がむしゃらに働く」ことはリスクになり、自分の首が絞まっていくということも予想していました。
なのでがむしゃらに働く時期を作って、そこからゆるやかに働きかたを変える時期に移行し、最終的には自分の都合で仕事をコントロールできる「突発的なことをカバーできる働きかた」に移行していこうと考えたんです。

f:id:hmshigotojuku:20161116122207j:plain



今はちょうど「働き方を変える時期」に移行しているところです。
予定では起業10年を迎える2020年までに完全移行できたらいいなと思っています。
今年も入れて後3年、なんとかなるはず。

わたしは体力があまりないので、突発的なことをカバーできる働き方は自分に合っていると思うし、同じような人たちと一緒に仕事をしていけたら、きっと楽しいと思っています。

こういう仕事をしていると、志が高いタイプだと思われがちですが、残念ながら自分のいる業界を変える「使命」みたいなのは全然持っていなくて、ただただ自分と自分の周りにいる人たちが幸せでいられることに注力しながら暮らしていけたらそれで満足なタイプです。

そのためには突発的なことをカバーできる働き方についてもっともっと研究し、「やってみたい」と思ってくれる人たちに、わかりやすく再現しやすい形で提供できるように、自分自身で実験を重ねていきたいと思います。
 

***************
世界中どこにいても、学べる・繋がれる
ハンドメイドを仕事にしたい人のための
オンラインサロンです。

ハンドメイドビジネス仕事塾

***************
女性限定・好きなことを仕事にしたい人のための
仲間づくり(人脈構築)や自分の魅せ方などを学ぶ
オンラインサロンです。
「たのしいしごと女子研究所」
 
****************

毎週月曜の15時に配信。
ハンドメイドを仕事にしたい人のための
メールマガジンです。

****************
不定期配信
好きな仕事で楽しく働きたい人のための
メールマガジンです。

住みやすい街札幌のいちばん住みづらいシーズンが到来しました

こんにちは、たかはしあやです。


わたしの住む札幌では、年が明けて2月末までがいちばん寒くて天気も変わりやすいシーズンです。
ちなみに昨年の1月は、新千歳空港が悪天候のため飛行機が着陸できない状態が続き、遅れに遅れたため交通機関は全てストップ、最終的には新千歳空港の床で寝るという体験をしました。
 
その経験も踏まえ、今年の1月は出張を入れずにPCで出来る作業や労働スペースの整備などに力を入れるスケジュールで組んでいます。
 
わたしは札幌生まれの札幌育ちで、札幌を出たことがありません。
定期的に出張に出ているせいかすごく驚かれることが多いんですが、実は札幌以外に住んだことはないんですよ。
 
それくらい、住みやすい街です。雪が降ることを除いて(笑)
 
今日は今のところ晴れていますが、この時期の札幌は「ドカ雪」がやってきます。「今年は雪が少ないね」なんて言ってたらいきなりの大雪が降り、毎年帳尻を合わせてくれちゃうんですよね。
その時に出張に当たると大変で、朝から晩まで全便欠航なんていうのも、珍しくありません。
 
ウインタースポーツが好きな人にとって北海道の雪質はすごくいいらしく羨ましがられますが、全くしないわたしのような人にとっては正直全く興味がありません。
「北海道に住んでいるのにもったいない・・・」と言われても、寒いのは嫌。なんとなく北国=寒さに強いというイメージを持っている人も多いんですけど、意外と道産子は寒さに弱い人も多いんですよ。
 
雪まつりホワイトイルミネーションも、寒いし混んでいるから行かないというわたしのような道産子の方がスタンダードかもしれません。

f:id:hmshigotojuku:20171207125348j:plain

*三大がっかりスポットと呼ばれる時計台はビルの合間にちょこんと建っています。

 
このブログもストーブをガンガン焚き、お尻にはホットカーペットを敷き、ひざ掛けを使いながら書いています。この時期の灯油代はなかなか高額ですが、背に腹は代えられません。

適度に都会で、適度に田舎。食べ物も美味しくて、人口密度も高すぎない。そんな住みやすい街札幌ですが、ここから2ヶ月は雪のため一気に住みづらいシーズンに突入します。
それでもわたしはこの街が大好きで、札幌に住みながら仕事ができることをとっても嬉しく思っています。
  
2ヶ月乗り切って、春にはまた外へも出かけていこうと思います。
 



***************
世界中どこにいても、学べる・繋がれる
ハンドメイドを仕事にしたい人のための
オンラインサロンです。

ハンドメイドビジネス仕事塾

***************
女性限定・好きなことを仕事にしたい人のための
仲間づくり(人脈構築)や自分の魅せ方などを学ぶ
オンラインサロンです。
「たのしいしごと女子研究所」
 
****************

毎週月曜の15時に配信。
ハンドメイドを仕事にしたい人のための
メールマガジンです。

****************
不定期配信
好きな仕事で楽しく働きたい人のための
メールマガジンです。